ものづくりの拠点

空室が目立ってきたマンションをなんとかしたい
ここからがスタートだった。
空き家問題が大きな社会問題となってから、マンションの空室の問題も例外なくこれからの社会問題となっていきます。
空室率を下げるためには、1.家賃を下げる 2.大幅なリフォームをする、この2点が一般的な方法で、だいたいのケースで通用してました。
しかしながら、近年では駅近の新しいマンションが安い賃料ででてくることが多く、どうしてもこの2点だけではなかなか解決できない物件が増えてきてます。
その地域を見たときに賃貸マンションなどの住戸増加よりも人口が増えていればいいのですが、そうなっている地域なんてのはごく限られた地域です。

というわけで、賃料を下げるにも限界があるし、いくらリフォームしても新築の綺麗さには負けてしまうことになります。よくある話では、数百万円かけてリフォームして、従来の家賃を下げたのに、入居者が見つからないことがあります。

もちろん、古くても建物のデザインが優れていたり、立地条件がよかったりする物件はこのような問題はないのですべての物件がというわけではありませんが、空室率が上がってきている物件は増えつつあります。

さて、今回のマンションはどうかとういうと、築年数もそれなりで建物の劣化状態も築年数相応です。3階建ての低層のためエレベーターがないのも高齢者に不人気です。
この場所は住居としてテコ入れするには限界があると感じ、他の用途へコンバージョンしようと考えました。
用途はいくつかありましたが、この地域について考えてみると。高齢者が増えつつも駅近くの商店街は活気があり、若い方がイベントをするなど頑張っています。

これらの環境をみて、ものづくりクリエーターの集まる拠点にしてはどうかと考えました。
作家さんは基本的にエネルギッシュな方が多くそのエネルギーがこの場所を盛り上げてくれるのではないかと期待しています。
ここには工房だけでなく、販売スペースを設けたりワークショップを開催することのできるスペースをつくったり、活躍して作品が売れる場所としてバックアップする必要もでてくると思います。
そして、あともう一つなにか足さなければならないと思ってます。この地域ならでわの地域の方が使いたくなるような何かを、、、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください